回収する手間か捨てる手間か

banner さきほどウォーターサーバーを利用するときの水の種類がでてきましたが、水だけではなく容器となるボトルにも種類があります。水の種類でボトルが分けられているということはなく、提供している会社それぞれの特徴になるので、ウォーターサーバーを利用する前にはタイプを確認しておきたい部分です。ウォーターサーバーのボトルには、2種類のタイプがあり、それぞれワンウェイとガロンがあります。ガロンの方がたくさん容量が入りそうなイメージがありますが、回収して使われるタイプか、使い捨てかというわけ方になっています。

ガロンボトルというのは、利用し終わったあとに業者が回収して、再び再利用されるタイプです。回収してもらえるので、処理の手間ははぶけますが、自宅に回収まで空ボトルをキープしておくスペースが必要になります。一時期はボトルから溶けだす成分について問題になったこともあり、今一般的なのはワンウェイタイプのボトルですね。こちらのボトルは、使い終わったら手で折りたたんで資源ゴミとして処分することができるようになっています。使用していき水が減ってくると、ボトルがへこむのがワンウェイの特徴でもあります。インテリアなどの外見としてもウォーターサーバーを利用すると、少々ぶかっこうになってしまう可能性があります。基本的には、回収か処分かの手間しかないので、ワンウェイタイプにしておけば大丈夫ですよ。

注目コンテンツ

回収する手間か捨てる手間か

記事をみる

美味しい水だけなら、どちらがいいか

記事をみる

使い込むかどうかで、会社選びを

記事をみる

Copyright(c) ウォーターサーバー不思議なら、知ってみよう. All Rights Reserved.