美味しい水だけなら、どちらがいいか

banner ウォーターサーバーの水には、内容だけではなくボトルにも種類があるのは、でてきました。ここでちょっと、お水の話に少しだけ戻ってみましょう。2種類のお水、天然水とRO水ではどちらが経済的にはメリットとなるのか。製造過程などからみるとわかりやすいのですが、天然水!というこだわりがなく『美味しいお水』をいただきたいだけなら、RO水の方がコストパフォーマンスに優れているんですよ。2種類の水の違いといえば、天然水そのものか、それをろ過したものかどうかという部分です。

より誰の口にも合いやすく、飲みやすいのはRO水です。天然水は硬度の関係もあり、人それぞれ好みがあるので、何度か違う種類の天然水にチャレンジしてみることもあります。それに引き換えRO水は、基本的には天然水をろ過したものなので、大差はありません。気をつけるべきポイントとしては、RO水の元となるお水。産地有名な天然水をろ過したものもあれば、街の地下水をろ過しました、というRO水の場合もあるんです。地下水というのは井戸水と同じですので、地下の水にお金を払っている、と好まない人もいます。天然水でもRO水でも、どこのお水を利用したものかはしっかりとチェックしておくことをおすすめします。

注目コンテンツ

回収する手間か捨てる手間か

記事をみる

美味しい水だけなら、どちらがいいか

記事をみる

使い込むかどうかで、会社選びを

記事をみる

Copyright(c) ウォーターサーバー不思議なら、知ってみよう. All Rights Reserved.